お部屋を機能的に!好みにピッタリ工務店の探し方

住宅業界の常識は非常識

営業マンに相談するな

構造計算をやらない工務店

構造計算は煩雑でありコストがかかり時間がかかります。
正確な構造計算以外にも簡易的な計算式もあります。
現実的には雲泥の差と言えます。
もちろん構造計算をすればお金はかかりますが地震大国の日本で構造計算を任意で良いとしている事が住宅業界の大きな問題点なのです。
安全性が担保されるので構造計算をきちんとする工務店を選ぶことをお勧めします。
坪単価の計算方法は工務店によって違います。
工務店が表記している坪単価は非常に曖昧なのです。
坪単価を出す計算式は本体価格割る延べ面積です。
坪単価が安ければ安いほど住宅の価格が安くなります。
マイホームの購入者は得をした気持ちになります。
ただ坪単価を安く見せるために延べ面積を広く見せる事が有るのです。
住宅の面積を延べ面積と言います。
施工床面積とする工務店もあります。
施工床面積は住宅の床面積の他に玄関ポーチや吹き抜け部分などを合わせた面積の事を言います。

家全体の金額

チラシや営業マンとの間取りの打ち合わせでの会話の中では住宅の面積を延べ床面積で表記しなければいけないという
規則が無いのです。
工務店は都合の良い様に延べ面積を施工床面積と表記を変えている事があります。
なぜかというと住宅の延べ面積を広く見せると坪単価を安く表記できる為、購入者としては得した気分になります。
延べ面積の中に玄関や吹き抜け、ベランダなどが含まれていないのかを確認する必要が有ります。
良い工務店はこうしたことをしません。
展示場で坪単価を聞いて教えてくれるのはマイホーム作りに必要な費用とほんの一部だけなのです。
工務店の営業マンが展示場で教えてくれる坪単価は本体価格です。
家だけの価格なのです。
家以外の費用としては屋外の給排水工事や上下水道工事、ガス工事、浄化槽工事、解体工事などです。
これらの表記が展示場では無いのです。
坪単価と別途工事費、諸費用がどのくらい必要なのか必ず確認して下さい。

▲ ページトップへ戻る