お部屋を機能的に!好みにピッタリ工務店の探し方

住宅業界の常識は非常識

本を読んでも勉強しても良く分からない

耐震の構造計算は法律上義務化されていない

構造計算という言葉をご存知でしょうか。
簡単に言うと大地震や台風が来た時に家が問題ないかを示す計算式です。
建てた家を揺らすことは出来ないので、計算するわけです。
安全性を示す客観的な数値なので、これを元に柱や梁の太さ、位置などを決めていきます。
耐震構造を証明する方程式です。
以前、構造計算書を偽装していた欠陥マンションの事件が有りました。
利益を上げるために柱を減らしたり、細い柱を使ったりしていました。
実は構造計算の検査をしなくても建設できる住宅があります。
ツーバイフォー住宅や木造住宅は構造計算するかしないかは工務店任せなのです。
つまり構造計算していない工務店は多いです。
確認すべき視点と言えると思います。

構造計算されていないと無意味

大手メーカーの開発技術や能力は素晴らしいものがあります。
ただ、いくら優れた耐震性能の住宅を開発しても実際に建築するのはメーカーの下請けの地元の工務店です。
優れた耐震性能を発揮出来るかどうかは大工さんの腕次第と言えます。
大工さんの技術や経験は否定しませんが、耐震性、安全性の客観的判断基準の構造計算がされないままに家が建てられて来たことは大きな問題と言えます。
経験で知っている事ときちんと構造計算しているかは大きな違いがあります。
きちんと確認しないといけません。
耐震性を簡単に確認出来る方法があります。
構造計算をしているかどうかを営業マンに確認して下さい。
本当に地震に強いかどうかきちんと営業マンと話すことが大事です。

▲ ページトップへ戻る